--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.11 水なしで煮込むビーフカレー
果たして私に使いこなせるのかと、3年程悩みに悩んで購入したル・クルーゼのココットロンド。

振っても叩いても、私の頭の中からこの鍋の良さを最大限引き出すレシピは出てきませんので
平野由希子さんの「ル・クルーゼで料理2~ゆっくりつくる編」を手に入れた。


先日、16Pの”水なしで煮込むビーフカレー”を作ってみました。

水なしとは言っても、3玉の玉ねぎから出る水分と赤ワインにトマト缶は使います。

カレーはいつもハウスバーモントカレーだよ~(秀樹で)派なのですが、たまにはね。

ル・クルーゼで料理してるよーって嬉しくなっちゃって、写真バッシャバシャ撮ってみた。






赤ワイン投入直後はどうなる事かと思ったけど、結果美味しかったー。
ありがとう、平野先生!

この鍋、やっぱり凄いかも。
火を止めてからもしばらーく温かい保温力。
食べ終わった後もつるりんと汚れが落ちました。

ル・クルーゼを買うか買わないか、3年くらい悩んでいる人には(いないと思うよ)
買っても良いんじゃないかなと、じわーっと背中を押しておきます。

さーて、次は何を作ろっかなー。



今日の札幌は久しぶりにまとまった雨が降っています。
最高気温も23℃。
雨音を聞きながら気持ち良く寝られそうだ。


スポンサーサイト
2008.06.06 タコライス
沖縄で食べたタコライス。




それがとっても美味しくってね、家で作ってみました。


タコライス


・・・なんか違うぞ。


使ったソースはコレ↓
タコソース



やっぱりねぇ、本場で食べると美味しく感じるんだよねぇ。
(いいえ、やっぱり味が違います。そしてレタスの切り方も雑ry)



美味しいタコライスのレシピ、ひっそり募集中。

2008.02.04 恵方巻きをかぶる
昨日は節分。

節分と言えば恵方巻き。

企業の戦略にまんまとはまり、節分に恵方巻きを食べたのは今年で4回目でした。
恵方巻き

さすが恵方巻き発祥の地大阪なだけあって、スーパーでの展開の仕方が
札幌のそれとは比較にならない程に感じたけれど、気のせいかな。

一番驚いたのは、ロングカニカマがあった事!
いつも普通の短いのを3本並べていたので、こりゃ便利ってなもんですよ。

去年までは恵方がかなりアバウトな感じだったので、今年は方位磁石を見て
正確に恵方を向いて食べてみました。(今年は南南東)


恵方とは・・・
陰陽道でその年の干支によって定められた、最も良いとされる歳徳神の在する方角の事。

その恵方を向いて、願い事を思い浮かべながら無言で太巻きをまるかぶりする。



この、無言でってのが結構つらい。

夢中で食べるもんだから、ふがーふがーと鼻息が響いています。

昔は「食べながら喋るな」なんて言う厳格な親父がいたでしょうが、やっぱり
あーでもないこーでもないと言いながら食べる方が楽しいですね。

あさりのお吸い物とともに、ご馳走様でした。



そして、今朝用に切ったのがこれ。
恵方巻き切り口


やっぱり切った方が食べやすい。

2008.02.01 まごころ、いただきます。
1月30日(水)

・スープカレー
・サラダ

札幌にある「まごころ」と言うお店の"もち豚ハンバーグ入りスープカレー"です。
まごころ

以前「ピカンティのスープカレー」をくれた友人が、送ってくれました。

ピカンティはレトルトでしたが、まごころはスープとハンバーグが別々に冷凍された状態で届きました。


蒸したじゃが芋・人参・ブロッコリーを足して作る事に。

スープカレー屋さんのトッピングに良くある温玉もと思ったのに、
温めが足りなくてほぼ生卵という残念な結果に・・・。

でも美味しかった!

スープも好みの味で、何と言ってももち豚ハンバーグがうまー。

まごころには行った事がないので、これは絶対お店でも食べてみたい!と思いました。

ううぅ、一度食べるとまたすぐに食べたくなるよー。

スパイスには麻薬性があるのかな・・・



1月31日(木)

・鯖の味噌煮
・ほうれん草、しめじ、ベーコンの炒め物
・長いもの千切り
・白菜の浅漬け
・卵とわかめの味噌汁
鯖の味噌煮


今週は、いつも以上にあっと言う間に感じる一週間だった。
週末嬉しいなー。

2008.01.30 晩御飯の記録
1月25日(金)

・ザンギ
・もずく酢
・ごぼうとこんにゃくのピリ辛煮(前日の残り)
・なすと玉ねぎの味噌汁
ザンギ

またもや一方的に大阪より発信する北海道豆知識です。

北海道では、鶏のから揚げの事を「ザンギ」と言います。

スーパーの惣菜や、居酒屋でも普通にメニューにあったりします。

鶏のから揚げ=ザンギ
たこのから揚げ=たこザンギ

と、こうなる訳ですが、それが方言だと知った時には驚いたものです。

子供の頃からそれが当たり前に育ったので、特に何で?と思った事が
なかったのですが、ちょいと調べてみました。


~ここから引用(ウィキペディアより)~

中国語で鳥の唐揚げを意味する言葉をザーギー(炸鶏)と認識していて、
その間に「運がつくように」ウンを入れた、という事である。

しかし他にも中国語の「炸子鶏」(ジャーズージー。若鶏の唐揚げ)が
訛ったものなど諸説があり、正確には不明である。

名称については、下記の説もある。

中国語「炸子鶏」(ジャーズージー)説 (地方によってはザーズーギー、ザージーガイなどとも発音する)
中国語「炸鶏」(ジャージー)説 (地方によってはザーギー、ザーガイなどとも発音する)
日本語「散切り」(ザンギリ)説 ※かつて骨ごと切っていた為。
日本語「斬切り」(ザンギリ)説 ※同上。
日本語「千斬切」(センザンキ)説 (中国語としては意味をなさないので当て字であろう)
仏教用語で、年端もいかない若鶏を殺生して調理する行いを恥じよという思いを込め「慚愧」(ザンギ)説
「残毀」説(肉を切る=毀 → 唐揚げする → 味付けを止める=残)


~引用終わり~


いろんな説がありすぎ。
でも初めて知ったので満足満足。

ちなみに、あったら必ず注文するのは軟骨から揚げ。
これは「軟骨ザンギ」とならない不思議。



1月28日(月)

・味噌ラーメン
味噌ラーメン

はい、手抜きですよ。
唯一頑張ったのはもやしのヒゲ取り。(結構好き)
全く見えないけど、豚の挽き肉を入れました。



1月29日(火)

・カレイの干物
・煮物(大根・人参・しいたけ・小結白滝・ごぼう巻き)
・サラダ
・もずく酢
・白菜とわかめの味噌汁
カレイ・煮物



今日の大阪は、久しぶりに少し暖かかった。
だんだん陽も長くなってきました。

また明日から寒くなるようだけど、少しづつ春が近づいているんだなー。
ぼちぼちウォーキングでも始めるか。

2008.01.25 晩御飯の記録
1月18日(金)

・鮭ちらし(白ゴマ入りの酢飯に錦糸玉子、焼いた鮭、大葉をのせたもの)
・南瓜煮
・サラダ
・すまし汁
鮭ちらし



1月21日(月)

・ロールキャベツ(以前作って冷凍しておいたもの)

前回はコンソメだったので、今回はトマト味で。
残ったスープにはご飯を入れて、チーズをパラパラでなんちゃってリゾットにして食べました。
このなんちゃってリゾットは、ミネストローネを作った時にもやりますが、
これがとーっても美味しくって大好きです。(むしろこっちがメイン)
もしやった事がなくてチーズ好きな人がいましたら、絶対おすすめです。
ロールキャベツトマト



1月22日(火)

・きんぴら風ごぼう飯
・ほうれん草のお浸し
・玉子焼き
・トマトときゅうり
・豚汁

札幌にいる時、生協のカタログ個配を頼んでいました。
そして、安く売っていたら必ずまとめて注文していたのがこれ。
きんぴら風ごぼうご飯の素

きんぴら風なだけあって甘辛い味付けで私は大好きです。
買い置きしておくと、買い物に行けない時や面倒な時にとっても便利。

その買い置きが1瓶だけの時に、一緒に引越してきたのです。
賞味期限が近づいてきたので作りました。
(今回はしめじだけ足してみた)
きんぴらご飯



1月23日(水)

・ナメタガレイの煮付け
・もずく酢
・辛子漬け
・サラダ
・豚汁(前日の残り)

北海道産のナメタガレイが売っていたので(20%引きだったー)
ごぼうと一緒に生姜を入れて煮てみました。
カレイの煮付けバンザーイ!(美味しいの意)

辛子漬けはcinnamon teaさんの真似をしました。
これまたうままー。
ナメタガレイ



1月24日(木)

・牡蠣のオイスターソース炒め
・ごぼうとこんにゃくのピリ辛煮
・春菊のお浸し
・ブロッコリーとミニトマト
・卵と玉ねぎの味噌汁

牡蠣&カキでございます。
春菊のお浸しは、以前春菊が好きと書いた時にシードルさんが教えてくれました。
これがとーっても美味しかったです!!
牡蠣


こんな感じで一週間。

2008.01.22 本日のおやつ
神戸「Bocksun(ボックサン)」の拘わりロール。
スポンジと生クリームに粉砂糖がかかっているだけの、シンプルなロールケーキです。

ロールケーキカット

スポンジはふわっふわ。
ほんのり蜂蜜の香りがするような、しないような・・・
(箱に書いてあるからそう感じるだけかも)

ふわふわなのに、フォークで切ると意外としっとりしている事が分かります。
味はスポンジと言うよりはカステラに近い様な甘さがあり、しっとり。

クリームはあっさりしていて、むしろスポンジの方が甘く感じるくらいかも。
スポンジとクリームの味と量のバランスがいい。


珍しくお店が開いている時間に仕事を終えた夫が、昨日阪神百貨店で買って来てくれましたが、
どうやら今日まで1週間限定の出店だったようで、普段はないようです。

拘わりロール


久しぶりにバッチャン焼のポットを使ってみたが、相変わらずの使いずらさだ・・・
とにかく注ぐ時にこぼれるこぼれる。

当分出番はないかな。

2008.01.18 働きマンの喜び
鰤大根

昨日の晩御飯

・鰤大根
・わかめときゅうりとちくわの酢の物
・きんぴらごぼう(前日の残り)
・ミニトマト
・豆腐と油揚げの味噌汁


鰤のアラが安かったので、鰤大根を作ってみました。

前日に煮ておいたので、充分にしみていてなかなかの出来。(だったと思う)


昨日の夕方、上司と飲みに行く事になったと夫から連絡がきた。
なんとか成果をあげることが出来たとの事で、とても嬉しそう。
大阪に来てからなかなか思う様にいかないのを聞いていたので、私にとっても嬉しい連絡でした。


今私は働いてないので、本当に毎日大変だなと思うばかりだけど
こう言う時には羨ましいなーと思ったりします。


寒い一日だったけど、ご飯を一人で食べたけど、
なんだか気持ちがあったかい。
昨日はそんな日。


そして今日は金曜日だー!
皆さん、良い週末を。

2008.01.17 旬を食す
よこわ

昨日の晩御飯

・よこわのお刺身
・さつま芋の天ぷら
・ちくわの磯辺揚げ
・きんぴらごぼう
・豆腐とミニトマト
・油揚げとほうれん草の味噌汁


お刺身売り場をチラ見したら、「旬」と言う文字が飛び込んできました。

何が旬なのだい?と良く見ると、それは「よこわ」でした。


よこわ」とは、「くろまぐろ(本まぐろ)の幼魚」の事で、関東では
めじ」や「くろめじ」と呼ばれているそうですね。
初めて知りましたー。

私はまぐろなら赤身が一番好きなので、美味しかったぜい。



さて、唐突に話が変わります。

もう結構前になりますが、「きになるオセロ」と言う関西ローカルの番組での話。

100年後にも残したい「お菓子遺産」をアンケートで決めると言う企画をやっていました。

関西の約2500人にアンケートを取ってのランキング。

その結果は・・・

第1位  かっぱえびせん(30台~50台が支持)
第2位  ポテトチップスうす塩(全ての世代から支持)
第3位  じゃがりこサラダ味(10台~20代が支持)

第 4位  ポッキー
第 5位  ハッピーターン
第 6位  ポテトチップスコンソメ味
第 7位  満月ポン
第 8位  キットカット
第 9位  ぼんち揚げ
第10位  コアラのマーチ


1位2位は納得でしたが、3位のじゃがりこは意外でした。

そんな私は30代~。


私も番組を見ながら真剣に考えてみましたが、とてもじゃないが一つに絞れず・・・

考えに考えて、泣く泣くかっぱえびせん・ハッピーターン・ルマンドを選んでみました。
(食べ始めたら止まらないを基準にしてみた)

せめてしょっぱい部門と甘い部門に分けて欲しかった。


ちなみに、その日のゲストだった細川茂樹さんが選んでいたのがぱりんこ

地味だけど私は結構好きで、その日も家にあったので笑ってしまいました。

2008.01.16 たぶんそい、きっとそい
たぶんそい

昨日の晩御飯

・焼き魚(たぶんくろそい)
・にらの卵とじ
・いんげんの胡麻和え
・きゅうりとトマト
・もずく酢


またまた焼き魚。

小樽から届いた干物なのですが、内容をきちんと見ていなかった為に魚の種類が分からない。

見た目から、「くろそい」ではないかと思うのですが・・・。


「そい」とは釣人に人気のあるフサカサゴ科の魚です。

旬は12~2月にかけて。

磯場の魚を磯魚「そい」と呼び、「ソ」は磯、「イ」は魚を表わすとの事。


骨がしっかり太いので、中まで火が通りにくいのですね。

ほっけの感覚で焼いたら、まだ生の部分があって・・・

グリルを洗っていたのでチンをしましたが、美味しさ半減ですよね。


面倒がらずに焼き直せば良かった(泣)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。