--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.18 夏の終わりに想う



父が突然亡くなって半年が過ぎました。


仮通夜から3日間で1メートル以上の雪が積もった厳しい冬が終わり、引越しだなんだと
忙しく春が過ぎ、そして初盆も無事に済み夏が終わろうとしています。


写真は、美ら海水族館のジンベイザメ。
大きな大きな身体で悠々と泳ぐ姿は本当に圧巻でした。

このジンベイザメの事とかいっぱい話したかったのに、写真を撮った次の日に逝っちゃった。


お葬式を終え、大阪に戻ってから数日後に夢を見ました。

私は大きな船に乗っています。
船内を歩いて行くと、ひろーい場所に何人か雑魚寝をしている人がいます。
父の田舎で、飲み過ぎた次の日の昼間に伯父さん達がゴロゴロ寝ている、そんな光景。
私はそこに父を見付けるのです。
いつものセーターで、いつもの寝顔の父を覗き込むとパッと目を開けて言いました。

「うめはむ、一人で泣いたら駄目だぞ」と。

うめはむって書くとなんか笑っちゃうけど実際は私の名前で。

そこで目が覚めました。


目が覚めた瞬間は忘れている、父はもういないんだと言う現実に引き戻されて泣けた泣けた。
そして忘れちゃわないように書き留めた。

あれからもう半年。
いや、まだ半年か。

家族がいなくなると言うのはこんなにも寂しいものなのですね。

ほとんどの時間は笑って過ごしているけど時々ね、ぐわーっと寂しくなるんだよー。
なんだろね、あれは。

いや、毎日お腹いっぱい食べてテレビ観て爆笑していますけどね。


北海道は、夏休みも終わり。

空も高くなりました。

そんなこんなでちょっと感傷に浸ってしまった今日の日記。

おわりー。

スポンサーサイト
2008.08.08 北海道の七夕
「ろーそくだーせーだーせーよー
     だーさーないとーひっかくぞー
         おーまーけーにくいつくぞー」


この荒々しい歌は「ろうそく出せ」の歌です。

北海道の多くの地域では、昨日8月7日が一月遅れの七夕でした。
そして、七夕に「ろうそく出せ」を行う風習があります。
ろうそく出せは、子供達が提灯を持って近所の家の扉の前で歌を歌い、ろうそくを貰う事。

歌は地方によってそれぞれ微妙に違います。
ひっかく→かっちゃく
くいつく→かみつくだったり、まったく違ったり。

もちろん私も小さい時は姉に連れられて、もう少し大きくなったら友達と行きました。
その日は浴衣を着せてもらえるので、とっても楽しい大イベントだったなー。
夜に子供だけで出歩くのが少し怖くもあり、またわくわくした事を思い出します。

「ろうそく出せ」とは言うものの、実際貰うのはろうそくが4割で飴などのお菓子6割でした。
多分最近はろうそくをもらう事なんてほとんどないでしょうけどね。

提灯を持っている子供も、すっかり見なくなってしまいました。
そして、昔と今の一番の違いは親が一緒に付き添っている事。
世知辛い世の中です・・・。

そう言えば「行って来まーす」と元気良く家を出て、100メートル行った所で提灯を落として
蝋燭で提灯が燃えてしまった事は、今でも忘れられない悲しい記憶。

買ったばかりのスイカ柄のビーチボールが、沖に流されていってしまった時の事と必ずセットで
思い出す、うめはむ子供時代夏の2大残念な出来事だ。

2008.08.06 梅酒も今のとこいい感じ


いつの間にかのらっきょう好き。
でも、国産の甘酢らっきょうは高くて量も少ないので自分で漬けてみる事にしました。

失敗したらと不安だったので、まずは2キロのらっきょうで挑戦。
(高知県産のでした)

下処理が少し手間だけど、思っていた程じゃなかったよ。
でも漬ける段階には2キロあったのが1.5キロになってました。


で、梅酒を仕込んだ頃と同じ6月末に漬けのがやっと食べ頃になったー!

カリッカリッっと歯ごたえが良くてなかなかの出来じゃないでしょうか。

らっきょうをアテに、しそ焼酎”鍛高譚”のロックをきゅーっと。
いやーいつからこんなんなったんだ、自分。

これじゃー来月にはもうなくなると思います。

来年はもっと沢山漬けるぞー。



2008.08.03 あの夏の花火
8月1日(金)に豊平川河川敷で行われた花火大会。




花火の写真を撮るのは難しいですね。

涼しい風が程よく吹いて、花火の煙をさーっと流すなかなかの好コンディション。

一発ずつドーンと打ちあがるのも勿論良いですが、花火大会の醍醐味と言えばやっぱり
最後にやる、色のついてない”柳”(のような花火)の大量打ち上げではないでしょうか。

過去いくつかの花火大会に行きましたが、それが定番でした。

もちろん過去の豊平川でも例外ではありませんでした。

私はあれがとにかく好きです。

「よっ!待ってました!」 みたいなね。

ところがどっこい、金曜日のはそれがなかったんですよー。

確かに最後は連発だったけど、柳じゃなかったんですよー。

なんだかしょんぼり。

昨年見た淀川花火大会ではやっぱり〆は柳だったけど、他の地域のはどうなのかな。

今年の花火はもうこれが見納めだと思うので、また来年に期待しよう。




おまけ。




川沿いのガードレールに等間隔でくっついているしゃけ。

なかなか良く出来ていて好き。

シャケナベイべー。

意味なし。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。