--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.30 晩御飯の記録
1月25日(金)

・ザンギ
・もずく酢
・ごぼうとこんにゃくのピリ辛煮(前日の残り)
・なすと玉ねぎの味噌汁
ザンギ

またもや一方的に大阪より発信する北海道豆知識です。

北海道では、鶏のから揚げの事を「ザンギ」と言います。

スーパーの惣菜や、居酒屋でも普通にメニューにあったりします。

鶏のから揚げ=ザンギ
たこのから揚げ=たこザンギ

と、こうなる訳ですが、それが方言だと知った時には驚いたものです。

子供の頃からそれが当たり前に育ったので、特に何で?と思った事が
なかったのですが、ちょいと調べてみました。


~ここから引用(ウィキペディアより)~

中国語で鳥の唐揚げを意味する言葉をザーギー(炸鶏)と認識していて、
その間に「運がつくように」ウンを入れた、という事である。

しかし他にも中国語の「炸子鶏」(ジャーズージー。若鶏の唐揚げ)が
訛ったものなど諸説があり、正確には不明である。

名称については、下記の説もある。

中国語「炸子鶏」(ジャーズージー)説 (地方によってはザーズーギー、ザージーガイなどとも発音する)
中国語「炸鶏」(ジャージー)説 (地方によってはザーギー、ザーガイなどとも発音する)
日本語「散切り」(ザンギリ)説 ※かつて骨ごと切っていた為。
日本語「斬切り」(ザンギリ)説 ※同上。
日本語「千斬切」(センザンキ)説 (中国語としては意味をなさないので当て字であろう)
仏教用語で、年端もいかない若鶏を殺生して調理する行いを恥じよという思いを込め「慚愧」(ザンギ)説
「残毀」説(肉を切る=毀 → 唐揚げする → 味付けを止める=残)


~引用終わり~


いろんな説がありすぎ。
でも初めて知ったので満足満足。

ちなみに、あったら必ず注文するのは軟骨から揚げ。
これは「軟骨ザンギ」とならない不思議。



1月28日(月)

・味噌ラーメン
味噌ラーメン

はい、手抜きですよ。
唯一頑張ったのはもやしのヒゲ取り。(結構好き)
全く見えないけど、豚の挽き肉を入れました。



1月29日(火)

・カレイの干物
・煮物(大根・人参・しいたけ・小結白滝・ごぼう巻き)
・サラダ
・もずく酢
・白菜とわかめの味噌汁
カレイ・煮物



今日の大阪は、久しぶりに少し暖かかった。
だんだん陽も長くなってきました。

また明日から寒くなるようだけど、少しづつ春が近づいているんだなー。
ぼちぼちウォーキングでも始めるか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://umehamu.blog121.fc2.com/tb.php/101-8af7fcbd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。