--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.20 父が死んだ日
「お父さんが倒れた。もう駄目だと思う。」


泣きながらそう言う、母からの電話を受けた時私は沖縄にいました。

その日の夕方の飛行機で大阪に帰る前の、最後のお昼ご飯を食べている時でした。

それからの事は、正直あまり覚えていません。

22時過ぎにやっと家に着き、荷をといてまた荷造りをする。

自分の父のお葬式の準備をしている事が、とにかく信じられなかった。



まるで寝ているような父に会えたのは、次の日のお昼でした。

何一ついつもと違った事がなく、その日の朝も普通にトーストを食べホットミルクを飲んでいたって。

だけど家の裏の雪かきをしに外に出て、そのままでした。

脳にも心臓にも血管にも異常はなく、突然死だったそうです。



まだいるからと言う私に、早く帰れと譲らない母。

日曜日に戻って来ました。



お骨になっちゃってからは、何故かピンとこなくって。

大阪に戻って来たらますますピンときません。

もう父と話せないんだなー。

寂しいなー。

でも元気に頑張るからね。



心配してくださった方、ごめんなさい。
そしてありがとうございます。

そのうち、またくだらない日記を書こうと思います。

台風並みの強風と雨、太陽が1分くらいしか見れなかった沖縄での事なんかも。(私は雨女)




ここに書いても仕方ないかもしれないけど・・・


お父さんへ

お父さんの娘に産まれて本当に良かった。

今までありがとね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://umehamu.blog121.fc2.com/tb.php/108-45a42cd8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。